原則的には医療目的の薬品を国外から輸入するには、国の薬監証明(薬事法に違反しないと証明するもの)を受けることが必要になります。

ただし、販売目的ではなくて自身で用いるために輸入する場合は、医薬品個人輸入の定められた手続きなどをすれば、一定量のみ輸入が許可されています。

つまり、日本に住んでいては買うことが難しい、海外製の価格の安い医療目的の薬品やジェネリック(後発薬)などを、自らに服用・使用する分だけであれば持ち込むことができるということです。

この法令が医薬品個人輸入といわれている制度の正体です。

一般的に治療目的の薬品を入手する時は、病院を受診して、専門医の診断結果で処方箋をもらいます。

そうして調剤可能な薬局などで購入することになっています。

通院にかかる代金・診療にかかる代金・処方箋にかかる代金・医薬品の購入費など、無駄に高いお金を出費することになります。

また、AGA治療薬やEDの治療薬、避妊ピル(低用量ピル)のような治療薬などは保険の適用外となっているということで、医薬品の購入費は全て自分で負担することとなり、すごく高い額が金銭的負担になってしまっています。

ですが、医薬品等の個人輸入をする事で、海外の信じられないくらい安価な治療薬や後発の医薬品(ジェネリック)を手に入れることが可能になります。

長期にわたって飲み続ける方、苦悩や病態によっては診察を受けること自体に気後れしたり、理由があって医療機関に行きづらかったりする方などには、良い所が多くあるのです。

経費が非常に削減できます。

また、医療機関へ行く手間や待ち時間を省けるなど、利点ばかりしかないのです。

医薬品等の個人での輸入は法律に抵触するのか?日本の法律には、医療用医薬品などに関する薬事法という法令が定めてあります。

この薬事法に従うと、医薬品を他国から買いつける際は診療機関や調剤薬局などを問わず、政府の許認可が必須です。

けれども、営業のためではなくて、自分で用いる意図で法の範囲内の数量を他国から入手する場合、指定された承認手続きのみを行えば、医療用医薬品を国外から取り寄せる行為も許可されています。

そのことから、医薬品等の個人輸入をするのは違法行為といえず、正当な行為と判断できます。

この辺りのことは政府省庁の一つ厚労省のホームページにも詳細に記載されております。

よって、懸念されている方はそちらの方もお読みになられてください。

次の文章は、政府省庁の一つ厚生労働省の公式サイトより、医薬品等の個人での輸入に関係する質問文と回答文の一部を取り出して、分かりやすくした文です。

Q.医薬品の個人での輸入は、薬事法によって禁止されていますか?A.医薬品などの薬や化粧品、医療機器などは、人々の心身などに直接的な影響を与えてしまうと思われています。

そのことから、薬事法という法令では、薬品の品質や有用性、危険性の有無などを論理的に検査してみた後、問題なしと証明された製品のみが流通するように厳格に規制をしているのです。

ですが、個人で輸入することが全面的に禁止されているということではありません。

自らに使用・服用する量に限ると、個人の輸入が認可されているといえます。

しかし、個人での輸入が承認されるのは一個人の使う分だけになるのです。

ですから、個人で輸入した医療用医薬品などを人へ売りさばいてしまったり、譲り渡したりする行為は、薬事法で完全に禁じられていることに留意してください。

十分に注意しておかなければならない話。

個人輸入は、大切な医療目的の薬をネット経由で注文することで購入できる利便性の高いシステムです。

ただし、ネット上でやり取りされるニュースや口コミなどの見ず知らずの人の声を無闇に信じて、一人で結論づけて薬を個人で輸入することは非常に危ないことといえます。

同様の疾病や同じ問題、同じ症状で辛い思いをしている人が使って効果があった医療目的の薬だとしても、いうまでもないことになりますが、自分の体質はその人と同様ではないのです。

医療目的の薬の効力や副作用には個人差があります。

自分で判断して医療用医薬品を自ら輸入して使用した時には、病態がさらに悪化したり、最悪、死亡する危険性もあったりすると覚えておく方が良いのです。

そのため、当方では、甘い思いで医薬品等の個人輸入を利用することはおすすめしておりません。

まずは医者や調剤師みたいな医療の専門知識を有する方の話に耳を貸したり、先に医療機関で診察を受けて指示された薬と全く同じ医薬品を買いつけたりするという利用法をすすめております。

併せて、医薬品等の個人輸入を行うより先に、安静かつ十分に考えることを奨励しているのでご理解ください。

医薬品等の個人輸入をすれば、嘘偽りなく、かなりの安価で治療薬を買いつけることができます。

しかし、あくまで全て本人の責任といわれることに十分に注意しておかなければなりません。

医薬品個人輸入代行業者とは何か?薬を個人輸入するといっても、個人で外国にある製薬会社に英語を話して購入注文などを行ったり、手間のかかる承認手続きや必要書類の用意を行ったりするというのは、とてもできるものではありません。

どの製薬会社が適切なのか、入手方法はどのようにやるのが適当なのか、承認手続きで準備する書類は何があるか、その書類にはどのようなことを記載しなければいけないのか?このように普通では知りえないことが多々あるのです。

そのため、この頃は医薬品個人輸入代行業者が事業展開していて、主な仕事は個人の代理となって医療用医薬品などを輸入してくれるというものです。

それに、大体の医薬品の個人輸入の代行業者は、ネット上にサイト(店舗)があるということもあって、ネット経由で探せば即座に見つかるのです。

医薬品個人輸入代行業者は、国外の製薬会社から医薬品などの薬を買いつけて、私たちの個人名を使った医薬品個人輸入という形式で国内まで取り寄せてくれるというものです。

次に、注文した人の住居まで届けてくれるということになるのです。

端的にいうと、医薬品等の個人輸入の仲介をしてくれる企業です。

ただし、警戒しておかなければならないのは、医薬品等の個人輸入の代行を仕事としている会社は山のように存在しており、あるリサーチによれば、80%強が疑いのある商品を取り扱っていたらしいという話もあるという点です。

この話は各メディアでも大きく報道されたので、目にされた方もいらっしゃると思います。

衝撃的に報じられたこともあって、警察なども違法行為や悪徳行為をする業者の一斉捜査を行いました。

その結果、少しもいなくなったのでした。

しかし、お分かりのようにどの業種も同様で、悪徳・違法行為を考えている企業が機会を狙って業務を再開したり、見つからないようにこっそりと持続していたりしているというのが実際のところです。

また、新たな違法業者や悪徳業者もウヨウヨと出てきているらしいという話もあります。

医薬品個人輸入の代行業者に頼む場合には、明らかに信頼できる通販サイトに注文するようにしなければなりません。

オオサカ堂というのは?この「オオサカ堂」というのは、1997年創業の老舗のサイトで、今では利用者の口コミの評判などで特に高い評価になっている医薬品の個人輸入の代行サービスのサイトの名称です。

通信販売サイト名や通販ショップ名などと簡単にいうことができないのです。

なぜならば、諸々の訳があるのです。

薬事法などの規則に従えば、会社として医薬品の国外からの買いつけや販売を行う時は、特別に許認可されておく必要があり、通常は輸入や売買はできません。

つまりは、オオサカ堂は医薬品個人輸入の代行業をしているサイトです。

そして、外国製の治療薬などを個人で輸入したい方の依頼を受けて買いつけを行うという手法の管理運営を行っています。

オオサカ堂の公式のサイトの「特定商取引法に基づく表記」の表現方法を貸してもらうと、こちらの「オオサカ堂」とは、単純に店舗(サイト)の呼称なのだということになると判断できます。

さらに、オオサカ堂という名称の店舗(サイト)を経営しているのは、中国の香港に活動拠点があるロイユニオン社という名称の貿易の会社です。

そういうことで、一般的にいえば、医薬品等の個人輸入の代行業者といえると思われます。

今では中国へ返還されていますが、香港は中華人民共和国香港特別行政区ですから、中国の中でも他とは違う発展をできた貿易都市といえるのです。

昔はイギリスの植民地であったから、世界各国の中でも屈指の貿易都市に数えられるほどの振興を遂げています。

それだけに、物凄く卓越した貿易のプロたちが集中しているのです。

ロイユニオンという会社は、その貿易業者の中でも一際大きな会社となっています。

医薬品個人輸入の代行業者を自称するサイトは、ネットの世界には多く作られておりますが、大抵は会社の所在地を書いていなかったり、架空の住所を記載していたりするから、実際の状況が判別できないサイトがたくさん存在します。

けれども、このオオサカ堂(ロイユニオン社)という会社が明記している所在地を調べると、ロイユニオン社の建物が実在することが確認できているということもあり、問題なく信頼して良いといえるでしょう。

オオサカ堂という名前のサイトの運営会社であるロイユニオンというのは?オオサカ堂とは、先に述べた通りの医薬品等の個人輸入の代行業者となっており、香港が拠点となっている貿易を業務とする会社のロイユニオン社が経営しております。

ですが、ロイユニオンという企業がオオサカ堂という店舗(サイト)に限って管理に関与しているのではありません。

色々なサービス業に携わっている上、その一つ一つに特質があるのですが、全部展開する会社はロイユニオン社ということです。

例示すれば、ペットの医薬品等の個人輸入の代行サービスを取り扱うサイトを始めとして、私たちが使う医薬品の個人輸入の代行サービスを行う店舗(サイト)などまで、いくつものサイトを運営しているそうです。

その多くの店舗(サイト)を比べても、極めて高い人気を集めていて高評価なものがオオサカ堂です。

また、このロイユニオン社(オオサカ堂)は、グローバルな大手業者のホールセラー(薬品製造業者とロイユニオン社との境目に立っている業者を指す言葉。世にいう卸売業。)と取引する契約を結んでおり、こちらの業者は医薬品取扱業(薬商)のライセンスもあります。

ですから、不正な製品などが出回ることはありえないと思われ、売られている薬などが純正品や正規品だけだということができます。

つまり、極めて信用できるということができます。

それに、普段からオオサカ堂(ロイユニオン社)の方も、自主的に製造元へ調査に向かって状況を見定めたり、外部の機関に委託して調査をしてもらったりするのです。

その上で、その結果は成分鑑定書にしてサイトで確認できるようになっているので、品質などの管理は徹底されていることが窺えます。

ですから、安全性もあると思います。

オオサカ堂に関連する評判はどうか?オオサカ堂に関してインターネットを通じて検索してみると、「オオサカ堂 詐欺」という言葉や「オオサカ堂 偽物」という言葉が、一緒に出ることがあると思います。

このようなことは、オオサカ堂に限定された現象ではないことです。

どんなことでも有名になったり、使う方が急増したりすれば、良好な評判と同じくらいに悪意のある評判も出てしまうのです。

例を出すと、近年では一般的な「ネットの通信販売」においても、一昔前にはこのようなことが起こりました。

テレビや新聞広告などの各種メディアに連絡先の番号が出されていて、本当に電話を利用して会話しながら発注を行えるやり方は、安心できると考える方が多数派であったといえます。

要するに、現代社会のようにネット環境が世間に広まる以前は、インターネットを利用した取引ではネットの先にいる人を知ることができなかったり、声が聞けなかったりするということもあって、不信感を抱いてしまう方が多数派だったからです。

けれども、現在の社会ではスマホなどの携帯端末が普及するなど、インターネットの環境面も整い、インターネット上の取引に不安を抱いてしまう方はほぼいないようです。

一例になりますが、インターネット販売の大手「楽天市場」や「Amazon」などで買い物をする方が、楽天はイカサマを行う、Amazonは偽造品を販売するなどと吹聴することはありません。

それに、そういった評判なども聞くことはありません。

(でも、個別の売り物やストアにおいては、各々の評価を下されていると考えられますが……。)

オオサカ堂も、ネット利用者が増えたことに従って、医薬品等の個人輸入の代行サービスとして瞬く間に名が売れることになりました。

しかも、世間的には「医薬品等の個人輸入の代行サービス」という言葉も馴染みがないという方が多くいるから、余計に懐疑心を持ってしまう方がたくさんいます。

このようなことによって、現状では色々な評判が流されているのですが、このようなことは自然なことだと思われます。

そうだとすれば、オオサカ堂の本当の評判はどうでしょうか?今では著名なYahoo!(ヤフー)やiPhoneとかも使われている最大手といわれる検索エンジンであるGoogle(グーグル)の人気度を調べることができるサービスを利用して確認しました。

指定するキーワードは「オオサカ堂」に固定して、人気度や注目度を調査します。

調査結果は次の通りとなりました。

オオサカ堂の注目度・人気度。



人気度を見たとしても、評判自体を判断してしまうことは必ずしもできないでしょう。

でも、判断材料にはなると思います。

そこで、どういう理由でオオサカ堂の注目度はここまで上昇し続けているか、理由について次で検証しましょう。

オオサカ堂の信用性について。

1997年から長く続いている伝統のサイトである!過去には医薬品個人輸入代行サービスのサイトは、たくさん展開されていたのです。

ですが、その多くが違法行為をしていたり、本物以外を販売していたり、商品代だけを受け取って商品を届けなかったりしていました。

これらは、いわば詐欺行為のサイトでした。

その事柄がニュースや新聞などの各メディアでも大規模に報道されることになったのでした。

そのため、検挙されたり、偽サイトが閉鎖したりして、違法サイトはすぐに減るということになりました。

現状でも運営を持続できている医薬品個人輸入の代行サービスのサイトといえば、オオサカ堂以外を挙げると数サイト程度となってしまっているのです。

その中でも、オオサカ堂という所は創業が1997年にもかかわらず、長く運営してきた実績も歴史もあります。

それに、仕事をできている理由を説明すると、違法行為やごまかしをしないことに加えて、真摯に仕事に精を出してきていたという裏づけであると考えられます。

しかも、リピーターの方たちが物凄く多いことも信頼性が高い要因といえるでしょう。

すべての治療薬などが本物(正規品・純正品)だけである!前述しておりますが、オオサカ堂という所は「まかり間違っても偽の商品を扱わない。」という企業理念のもと経営されております。



(オオサカ堂の公式ページより引用。)

その証拠として、世界的な大手と名高いホールセラー(医薬品の製造元とオオサカ堂との真ん中に位置する会社。)と取引契約しており、他にも、自ら常々製造会社へ査察に行き、質をチェックしております。

そして、非常に人気のある医薬品や薬については、外部の分析機関に委嘱して成分鑑定書を提出してもっているのです。

それらの成分鑑定書はサイトで公表されているから、容易に確認が可能です。

例)オオサカ堂で最も人気があるプロペシアの成分鑑定書。



特定商取引法に基づく表記が正確である!医薬品個人輸入の代行サービスのみならず、インターネットを使った通販などで商品などを買ったり、代金を払うことで希望する契約をしたりする場合には、この「特定商取引法に基づく表記」という表記は大変肝心なものになるのです。

この表記がない場合や、この記述が正しくない時は、胡散臭いと見極める方が妥当だと思われます。

多数の医薬品個人輸入代行サービスを名乗るサイトでも、前述した「特定商取引法に基づく表記」が記載されていなかったり、十分な記述ではなくて見事にねつ造してあったりするサイトが、何ともたくさん運営されているそうです。

万が一運営者の住所が書かれている時でも、グーグルマップなどの機能で検索をやってみると、何もない(実在しない場所)こともあることなので、シッカリと留意しておくようにしてください。

この手法で、オオサカ堂(ロイユニオン)が載せている住所の検索をやったら、この社の建物が本当にあることが確認できました。

しかも、主要取引銀行とされている香港上海銀行(HSBC)も大手で信用性が高いといえます。

安心のSSLに完璧に対応しているので、安全対策が強力である!



セキュリティ対策のSSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、ネットを使う時にたくさんのウェブサイトなどで入力している個人の情報とかクレジットカード関連情報などを暗号化して、盗まれないようにしてから送信・受信をする技術名のことをいいます。

オオサカ堂公式ホームページは、このSSLに完全に対応しているので、姓名や居住地、TEL番号、注文する薬の名称などといったプライバシーに関する情報とかクレジットカード情報など、入力しているすべての情報を漏洩させてしまったり、盗み取られたりすることなく、大いに守護してくれるでしょう。

日本郵便の貨物番号検索に対応しております。



発注した商品が届けられるまでには、今はどの場所まで来ているのか、どういった状態に置かれているか、大まかにどの程度で手元に来るのかなどのことが、大変気になることです。

オオサカ堂で頼んだ商品は、日本郵便が提供する郵便追跡サービスに対応していますから、日本まで届いてからの郵送状況が時間差なしに理解できるようになっているといえます。



上に紹介したような情報画面を確認することができてしまいます。

続いて、図の赤い丸と矢印で示してある日付が、送付された日付です。

この薬は12月27日に依頼した物だから、決済完了後7日目に着いたことが見受けられるのではないでしょうか。

オオサカ堂公式サイトを見ると、トップページ左下に、その日に頼んだ場合の到着予定日の目安が表記されているので分かりやすいでしょう。

きちんと更新されています。

およそ10日程度で届けられるという目安になっているのですが、今までの間に注文したことを思い出しても、すべて目安よりも早くに送られてきていることばかりです。

スピーディーな対応からも信頼度が高いといえると考えます。

お問い合わせのメールには即日返信で対応しています。

オオサカ堂は、どうあっても個人輸入代行サービスを行うだけです。

また、医薬品を売っているサイトではないといえます。

そのこともあり、治療薬に関する問いかけやアドバイスを求めることはできないのです。

その一方で、医薬品以外のことについてのメールは、注文者のことを思って、当日の内に答えの返信を返してきてくれます。

仮に、品物を自宅に送るのを変えて、家から近い郵便局留めに変更したいといった内容の相談事であっても、即日答えをもらえるのです。

そのため、極めて安心だといえます。

オオサカ堂が予定する納期と発注品到着まで(1)

オオサカ堂に関してYahoo!やGoogleで検索を行うと、たまに「オオサカ堂トラブル」・「オオサカ堂詐欺」・「オオサカ堂届かない」というような検索予想ワードが提示されることがあります。

そのため、心配な方もいると思うので、この度の記事では私がメガリスという薬を、次の回の記事ではフランス製シルデナフィルという商品をオオサカ堂で購入注文した際の経験を紹介します。

二回とも注文・決済から10日後の決められた納期より前に到着するという経験になりました。

オオサカ堂の予定納期とメガリスという薬を購入注文した後から到着するまでの間に体験したこと。



オオサカ堂の公式サイトで注文と決済が完了した後の画面で、右下に9月21日という日付が出ています。

確かオーダーしたのは、夜の10時くらいと遅い時間だったと思うのですが、その日にクレジット決済完了という内容のメッセージがきました。



その後で、オオサカ堂の方が国外でメガリスという医薬品を私に代わって手に入れて、輸入に必要な手続きを代行でしてくれて、海外から届くまでに必要だった時間は3日だったということです。



メガリスという名前の薬が自宅住所に着いたのが9月30日となっています。

外国から到着して、税関を無事に通過して、日本郵便の取り扱う郵便追跡システムに反映されたのが9月24日です。

それから先の配達の状態は以下の図を見てください。

それで、承知していただけるでしょう。

依頼品がきちんと私の家に届いたのは9日後になる9月30日となっています。

(私は出かけていたので、実際に手にしたのは少ししてからになりますが……。

)届けられた小型のダンボール箱表面の記述は完全に英語表記になっていました。

そして、品名はなぜか「ヘルスサプリメント」と記入されているのでした。

家族や配達人に中の商品を知られることがないように配慮されていたのです。

これ以外にも、自分の家に送ってくるのがNGという方は、郵便局留めにするサービスも選べるということなので、オオサカ堂の公式ページからメールを出して細かい点を聞くのが良いのではないでしょうか。

当日の間に返信をもらえるはずです。

ここでのメガリスという薬は外国で仕入れることになっています。

こういった薬の個人輸入は、注文決済が終了してからしか海外での買いつけや発送する手続きなどの準備ができません。

ですから、着くまでこの程度の期間がかかるのです。

ですが、サプリメントとか育毛剤などの中には、早くて3日で注文品が届けられることもあるようなのです。

さて、今回はメガリスを購入依頼してから着くまでの流れを経験談という形式で紹介させていただいたのでした。

名前が偽りだったり、自宅住所が誤っていたり、税関で面倒が起きたりするなど、万が一思いもよらないことがあったとすれば、期せずして到着しないという事態になることも打ち消すことはできないといえます。

けれども、オオサカ堂さんの方に尋ねたら、これまでのところはそういう事態はまずないことであるそうなので、ご安心ください。

オオサカ堂の納期と注文品の到着まで(2)

オオサカ堂の予定納期とフランス製シルデナフィルを発注して届くまでのの経験談。

フランス製シルデナフィルという薬を、引き続き強気に7箱、合計28錠も購入してみることにしたのです。

年末年始の大変な時期のオーダーだったから、若干送られてくるのが遅れてしまう可能性もある……と考えていたものです。

でも、何とも小気味よく見込みを裏切ってもらいました。

注文決済が終わると、間もなく手元に「オオサカ堂正式受注書」が届いたのです。

画像の右の下の方を赤い丸で囲っているので分かると思いますが、注文したのは12月27日だったのです。

↓また、下の画像をご確認していただければ分かると思うのですが、日本郵便が提供する郵便追跡サービスの記録では、自宅住所に着いたのが1月3日のことです。



↓注文した日が12月27日で、それから12/28・12/29・12/30・12/31(大晦日)・1/1(元旦)・1/2・1/3(到着)となっています。



つまり、注文・決済が全て完了した日付を含めても、わずか8日で届いたことになります。

オオサカ堂のホームページでは、到着する予定の日を概ね10日後になると書かれていることが普通です。

それなのに、前と同様で、決められた納期よりも前に送られてきたのでした。

さらには、年末年始のかなり忙しくしている期間だったけれど、たった8日で届けてもらえて、毎度のように利用者を裏切ることがありません。